TSUMAMASA

世界の食にトライ その架け橋へ 「食」のプロフェッショナルとして我々と共にはたらく仲間を歓迎します。
株式会社つま正 採用サイト
PROFILE 初めまして。株式会社つま正 取締役統括部長の小山和正です。
PROFILE 初めまして。株式会社つま正 取締役統括部長の小山和正です。

株式会社「つま正」取締役統括部長の小山です。
当社の求人サイトをご覧いただきありがとうございます。

当社は、創業半世紀、中央卸売市場に隣接し、業務用野菜の仲卸をメインとする企業です。

私は以前、築地市場で仕事をし、現場を通じて大きな転機となったことがあります。

それは
「生産者は消費者とコミュニケーションを取りたがっている」ということでした。
例えば、かぼちゃの甘さは果物並に甘くても美味しいと感じているのか?

どのような食べ方、調理方法をしているのか?

どこまでの品質であれば受容してもらえるのか?など

生産者や卸先の方々にご協力いただき、フィードバックする仕組みを取り入れました。

結果、「何が消費者と生産者にとって良いことなのか?」がわかってきました。
そこで、事業のあり方を見直し現在では単なる配送専門の仲卸業ではなく、
つま正が得意とする高品質野菜(青果)を口にするホテル、レストランのお客様と全国の生産農家を結ぶコーディネート役であることに誇りを持ってメンバー一同頑張っております。
また、消費者の嗜好を生産農家に伝え新たな商品を開発することも重要な仕事となっております。

生産農家への継続的かつ計画的な発注は日本のアグリビジネスの持続的発展に寄与し、ひいては我が国の食料自給率の向上につながるものと自負しております。国家的規模、地球的規模でものを考え地域で行動する「Think globally ,Act locally」を社の行動理念にしております。

そして令和元年完成の新社屋は「つま正」半世紀の経験とノウハウに最先端の保冷設備、販売管理システム(新規開発中、国の革新的サービスものづくり補助事業申請中)を備えた次世代型社屋です。2019年9月に竣工しいよいよ出航です。 そこで!新しいクルーを募集します。港の周辺は今、空前のホテル建設ラッシュで新規市場開拓にあなたの力を必要としています。

社屋内には地元社会貢献企業としての使命感のもとに「フードカルチャーセンター(調理室、大~小会議室)」を整備し消費者への啓発、交流事業を新たに始めます。

地域のオンリー1企業として市場全体を牽引する、フラッグシップカンパニーを目指します!

つま正の募集職種 野菜の目利き 食品コーディネーター
つま正の募集職種 野菜の目利き 食品コーディネーター

レストランやホテルへの配送営業。
旬な食材の提案や的確に仕入れた市場変化情報等をクライアントに届ける。
→ コミュニケーション能力や 商品知識、産地情報などが身につきます。

キャリアパス 八百屋・野菜のプロへのステップを提供します。
キャリアパス 八百屋・野菜のプロへのステップを提供します。

入社後、3年は業務向け納品の仕事をしながら、青果物流通の基礎を学んでいただきます。
そのなかで、仕入れ・値付け・販売・営業と経験し、出来ることを1つずつ増やしていきます。
これらすべてができるようになれば、一人前です。

一人前になるまで、人によって期間はかなり異なりますが、3年~10年かかります。

キャリアパス 八百屋・野菜のプロへのステップを提供します。
キャリアパス 八百屋・野菜のプロへのステップを提供します。

家族との時間を大切にしたくて
転職を決意。

大学を卒業してから、主に飲食関係の仕事をしていました。
最初はホテルのホールでの調理補助。その後、ちょっと地元を離れたくて沖縄の民宿で、ひと1年働いてみたり。

(株)つま正に来る直前には、イタリアンレストランで働いていました。最初は接客などを担当し、その後、マネージャーへ昇格、全体を統括する仕事をしていました。接客も調理の仕事も嫌ではなかったのですが、マネージャーへ昇格してから業務を優先することが多くなり、常に時間に追われる長時間労働の環境に限界を感じるようになってしまいました。子供がいることもあり、家族との時間も大切にして、子育てをしっかりしようと考えました。生活の自由度を高めたいという気持ちから、レストランを退職。次の仕事を探している時に求人案内で見つけたのが、つま正の食品コーディネーターでした。

兄がドライバーをしていたので大変な仕事であることはある程度覚悟できていたこと、勤務地が自宅から近かったこと、創業約半世紀の実績。そして、地元横浜の企業基盤が整備された会社で安心して長く働き続けられる環境と待遇があること。その全てが整っている、つま正へ正社員としての入社を決めました。

毎日顔を合わせるお客様だからこそ
ありがとうの言葉が、より嬉しい。

現在は配達用のロングバンで、決められたお客様のところに配達に伺っています。
毎日朝は早いですが5時頃に出勤し、当日の配達ルートの各店舗依頼をチェックし、ピッキング専門のスタッフさんと注文書を分けてピッキング開始します。ピッキングとは主に野菜の検品・仕分け・梱包のことを指します。5:40頃に野菜以外の乾物(缶詰など)のピッキングをし、7:00頃に残りの注文書を店舗別にピッキングしながら配達用バンへ詰め込み作業を開始します。

その後朝礼を終え、8時過ぎに会社を出発。午前中に14〜15件ほど配達し、11:30頃に昼食兼ねて昼休み。取引先のお客さんのところでのランチが楽しみの一つでおまけをもらえるのでちょっと嬉しいです笑 その後残りの配達と追加注文を伺い13:00頃に帰社。棚卸しと営業報告などを済まして14:00頃には既に退社。というのが平均的な一日の流れです。

サービス業から食品コーディネーター兼ドライバーという全く違う職種への転職でしたが、思っていたほどの大変さはありませんでした。もちろん、お客様とのやりとりや取り扱いの品種が多いので、覚えなければならないことはたくさんありましたが、それはどんな仕事でも共通すること。それにつま正では、最初は先輩ドライバーの助手席へ乗り、サポート業務をすることを通して仕事を覚えていけるので、仕事はやりやすかったです。すんなりと、仕事と職場になじめました。

また接客業が長かったこともあり、最初からお客様とのやりとりは楽しいと感じていました。「あれ美味しかったよ!次もあれ持ってきてよ!」なんて言ってもらえると、嬉しい。レストランでもお客様から「美味しかったよ!」と言ってもらえることもあります。自分が届けた野菜がお店で調理されその食事をされた方からの「ありがとう!美味しかったよ」に携われている仕事なんだなと毎日嬉しく思っています。

心がけているのは、平常心。
マイペースで丁寧に働き続けたい。

ルート先のお客様が野菜を待っているので、もちろん迅速に届けるために仕事をすることが大切です。
つま正はパンパンに時間を詰められておらず、ある程度自分のペースで働けるのも、この仕事の魅力。でも、マイペースで働くのが好きな私でも、お客様から「早く持ってきて」と言われると気持ちが焦り、つい車のスピードを上げたくなったりすることもあります。しかし、仕事を続けていて学んだのは、平常心の大切さ。どんなに急いでも、事故を起こさないようにすることがまず大切。そのため、いつもできるだけ平常心で、安全に、慎重に作業をするように心がけています。

入社してから2年とまだまだ未熟者ですが、仕事が終わったらすぐ家に帰り、子どもと遊んだり、一緒に食事をしたり。休日には家族で出かける。週2日しっかりと休めて残業も少ない仕事だから、家族との時間を大切にすることができます。前職では絶対にできなかった時間のゆとりを手に入れることができ、仕事とプライベートを両立したい私にはピッタリの働き方だと思っています。

また、自社で農園も運営しており、取引き企業様と従業員で収穫を通じて土に直接触れる機会があり生産者の方との交流もあります。私も子供を連れて農作業を体験し、野菜の特徴、収穫の大変さを身を以て実感し、その結果野菜に詳しくなるのはもちろんのこと、その野菜や果物の良し悪し、知識が増え季節を通じて産地にもずいぶん詳しくなりました。

つま正には、私のような食品コーディネーター勤務以外にも、生産計画に応じたライン設計や人員配置に携わる「生産管理・品質管理」や産地の情報や旬な情報を食品コーディネーターへ伝える「事務職(営業事務職)」があります。正社員だけではなくアルバイトやパートタイムなど、様々な働き方があります。それぞれが自分に合った働き方ができるところも、つま正の魅力。良い会社と仕事に出会えて本当に良かった。これからも家庭と両立させながら頑張っていきます。

REQUIREMENT 募集要項
初任給 23万円
諸手当 時間外手当、通勤交通費全額(会社規定による)、職務手当、家族手当
昇給 年1回 30歳以降成果主義
賞与 年2回(7月、12月) 30歳モデル年収390万円(安定賞与、残業代含む)
勤務時間 5:00~14:00(食品コーディネーター)
休暇休日 ほぼ完全週休2日制(水・日)、祝日、市場休み(水)、年末年始、年次有給休暇、 [年間休日111日(5日間の有給含む)]
社会保険 健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
各種制度 財形貯蓄
勤務地 本社(横浜市神奈川区)
教育制度 新人社員研修、各種ビジネススキル研修、公的資格取得助成、自己啓発援助
Q&A よくある質問

市場の仕事は、肉体労働のイメージがありますが、実際はどうですか?

もちろん、ある程度の体力は必要ですが、納品や商品の移動には台車を使うため、力がないと運べないものはほとんどありません。農家も高齢化で重いものが運べないため、それに合った規格になってきています。

若い時は、体力があるので大丈夫だと思いますが、年齢を重ねていくとこの仕事は続けるのは難しいのではないですか?

体力よりも、長年の経験による情報力、企画プロデュース力を活かし、料理人や消費者の満足を考えた仕事ができるかどうかが大切です。実際、60歳を過ぎても、バリバリ活躍している社員がいます。

ENTRY 応募フォーム

採用担当が面接のお申込み、ご質問等にお答えします。
お気軽にご連絡ください。

下記のエントリーフォームからメールしていただくと1週間以内にお返事を差し上げます。

・お問い合わせのご回答は、内容によりお時間がかかる場合もありますのでご了承ください。
・フォームに内容をご入力の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
・必須のついた項目は全て必ず入力してください。

必須お名前
フリガナ
必須お電話番号
メールアドレス
郵便番号
ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
お問い合わせ内容
必須送信確認
  
PAGE TOP